★☆★学園生活についての質問★☆★

Q:
山村留学は何年生から受け入れていますか?
A:
小学3年生から中学2年生までを受け入れています。
(事前合宿は小学2年生から中学1年生までの参加となります)

Q:
年度途中からの入園はできますか?
A:
原則として年度途中からの入園は認めていません。
留学の期間は、年度頭の4月から年度末の3月までの1年間です。

Q:
複数年続けての留学はできますか?
A:
継続しての留学希望者は、面接の上で継続の可否が判断されます。
過去には最長で6年間留学という例もあります。

Q:
山村留学にかかる費用はどれくらいですか?
A:
@初年度……入園金10万円
@月々……センター使用料2万円/学園費2万5千円/個人学習費1万円/保護者会費3千円
その他、学校の集金や部活の用具代(中学卓球部)がかかります。
学校給食費や小学生のバス通学費、及び学園運営費用の不足分は上野村が負担しています。

Q:
保護者は年間何回くらい来村しますか?
A:
学校や村、学園の行事で10数回ほどです(授業参観、体育祭、秋のふるさと祭りなど)。
昨今は、コロナの影響も考慮し、来村来園の機会を調整しています。
子供達は学校の長期休暇中(夏・冬・春休み)が、地元への帰省期間になります。

Q:
留学中、子どもとの連絡のやり取りはどのようになりますか?
A:
保護者と子どもとは「お手紙」でやり取りしていただきます。
手紙や葉書はとてもスローですが、相手に対して気持ちを込めて書き綴ることを大切にしていきます。
基本的に電話・メールは使用しませんが、職員と保護者とはメールを中心に電話などで連絡のやり取りをします。

Q:
ギターを持って行く事はできますか?
A:
入園が決まりましたら楽器等の持ち込みについて相談の上、OKです。
過去にはギター、サックス、フルート、ウクレレの事例があります。
園にはピアノ、ジャンベ、カホンがあります。私(村上)はウクレレ、アルプホルン、ホラ貝を持ち込んでいます。

Q:
土日は何をするのですか?(具体的に)
A:
サイクリング、裏山探検、川遊び、たき火、ドロケイ、読書、クッキング、散歩、物作り、石拾い、化石採集などなど。
イベントとして、キャンプ、染め物、陶芸、山歩き、上毛かるたツアーなどもしています。
実際の様子は学園ブログに掲載していますので、是非ご覧下さい。

Q:
山村留学を『楽しめるタイプ』と、逆に『苦労するタイプ』は?
A:
⇒『楽しめるタイプ』
やりたい事を自分で探せる子、おおらかで細かい事にとらわれない子、失敗してもクヨクヨしない子、自分の考えや気持ちを言える子、想像力&創造力が豊かな子……
⇒『苦労するタイプ』
自分の事しか考えられない子、物を粗末に扱う子、『命』を大事にできない子、食べ物の好き嫌いが激しい子、虫がとっっっても苦手な子、テレビ&ネット&マンガが無いとヒマしてしまう子……
⇒学園での生活は『自分とは違う環境で育った他人との、今までとは違う環境での共同生活』です。お子さんとも良く話し合ってみて下さい。

Q:
起こりやすいトラブルについて、保護者が心しておくべき事項は?
A:
色々起こりますが、先ず増えるのが『大小のケガ』です。特に活発な子であれば、擦り傷・切り傷は茶飯事。打撲にねんざ、時には骨折もあります。ケガや病気の場合は村内の診療所、又は富岡など近傍の医療機関を利用する事になります。
また『人間関係のストレス』に直面し、そこから派生するトラブル(ちょっとした諍いから口論・ケンカまで)も起きがちです。経験として前向きに消化できるよう指導していきますが、保護者の方もお手紙などでお子さんのサポートをお願いします。
親元を離れ目にする事ができない分、心配が募るかと思いますが、『心しておくと良い事項』は『(良い意味で)しばしの間、子どもの事を忘れる』という事かもしれません(少々乱暴な表現ですが……)。

Q:
アオバトを見られますか?
A:
アオバトは上野村の野栗集落で見られます(学園のあるエリアで見かける事はありません)。その代わり、シカ、アナグマ、タヌキ、イタチ、トンビ、キジ、ヘビ、サル、ガクエンセイなどの野生の生き物を見ることができます。

Q:
スマホの持ち込み、見る時間は全く無しですか?
A:
スマホ、ゲームは『無し』です(そこに山村留学の意義があると考えています)。
依存しているそれらの物から、いかに離れて生きていくかを在園中に体験します。
メディアは新聞と本がメインとなりますが、オンライン学習の際にPCを利用したり、村内ニュース視聴や映画鑑賞でモニターを使用する事はあります。
またイベントの無い土曜日などは村の図書館を利用できますが、「図書館のPCで動画を見るのが楽しみ」という学園生も多いようです。

Q:
塾に通ったり、学園で勉強を見てもらう事はできますか?
A:
村内に学習塾が無いため、個別に教材を持ち込んで自主学習をする子はいます。学園として学習補助の個別対応は難しい為、学力向上については『周りに流されず、自主的に勉強できるか』が重要となります。

Q:
学園へのアクセスはマイカー必須でしょうか?
A:
公共交通機関利用ですと、上信電鉄下仁田駅から乗り合いタクシーや、JR高崎線新町駅からバスを利用できます。
http://www.uenomura.jp/admin/life/seikatsu/traffic/index.html
学園生の荷物搬入&搬出では大荷物となる為、レンタカーや郵送・宅配便で対応されるご家庭もあります。
なお冬季の朝晩や降雪時の往来では、路面凍結に充分注意が必要で、スタッドレスタイヤの装着を呼び掛けています。

Q:
子供たちが村内で使用する自転車を借りる事はできますか?
A:
学園に貸出用の自転車(&ヘルメット)は多少ありますが、必ずしも体格に合った物を選べるとは限りません。
マイ自転車をマイカーに積んで持ち込んだり、新たに購入した自転車を学園宛てで送るご家庭もあります。
その際は変速機能付きで、タイヤが丈夫な自転車をオススメします(村の道路は『山道』です)。

 

★☆★事前合宿についての質問★☆★

Q:
事前合宿には体験生の他、弟妹なども参加可能ですか?
A:
体験生と同じプログラムへの参加はできませんので、保護者の方と行動を共にして頂く形となります。
(保護者と同様に、村での宿泊費用が別途かかります)

Q:
学園と学校や宿泊施設など、保護者の村内での移動はどうなりますか?
A:
自車の方はお車で移動をお願いします。
公共交通機関でお越しの方は、学園の車で乗り合わせての移動となります。

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL